敏感肌用&アンチエイジングの効果のあるもの

MENU

敏感肌用のもので、なおかつアンチエイジングの効果のあるもの。

化粧品3
化粧水選びのこだわりは、まず敏感肌向けのものであるかどうかです。
自分の肌の場合、刺激の強いものがダメなようで、肌に合わないとすぐに赤くなってしまったり痒みを感じてしまったりするので、まずは敏感肌用を選んでいます。

 

敏感肌用のものは無添加のものが多く、成分もそんなに多く入っていないので、安心して使用できるという点も良いところだと思います。

 

その上で、化粧水に浸透力があるかどうかも重視します。化粧水を肌にのせた際、染み渡るような感触のものが好みです。これは実際に試してみないとわからないものなので、興味がある化粧水にサンプルなどがあれば実際に試してみてます。
あとは、30を越えてから年齢的にもアンチエイジングに興味があり、シミやそばかすのケア、皺予防、ハリが期待出来るものに興味が惹かれます。

 

特に今悩んでいるものが、肌のハリです。若い頃に比べて全体的に肌の元気が無くなってきてしまっているので、効果が期待出来るものが良いなと思います。
自分の希望を述べればきりがないのですが、肌に優しくて、ハリなどの効果も実感出来る化粧水が理想です。

ローションの選び方

化粧品4
肌が弱く、特に季節の変わり目には化粧品でかぶれたり、皮膚科のお世話になったりします。そうならないためにも化粧品、特に洗ってすぐに肌に一番最初に塗りこむローションには気を使っています。

 

具体的には、紫外線吸収剤の入っていないものを選んでいます。これが入っていると、てき面に肌がかゆくなり、赤くなるのです。そして無香料、無着色は勿論のこと、ノンアルコールのものを選ぶようにしています。アルコール分が入っていると、なんとなく肌がひりひりするからです。

 

また、肌をしっとりさせるなどの触れ込みで、とろっとした、乳液と見間違えるようなローションがありますが、あれも使いません。あくまでローションは肌に水分を取り込むものなので、余計な成分が入っているものはつけたくないのです。しっとりさせる成分なら、ローションの後に塗るクリームの役割で十分だからです。

 

要はシンプルイズベストです。究極にシンプルで、水分を取り込むだけなら水がいいんでしょうけども、なかなか水を直接パッティングしても肌に浸透しないので、そこは必要最低限のものが入っているローションでなければいけません。