有効成分は肌に近い物を選ぶ事!

MENU

有効成分はお肌に近い物を選ぶ

化粧品8
化粧品を選ぶ時に最近とても気になる事は、どのような保湿成分がいるのかという事です。保湿成分には様々な物がありますが、より天然に近い物を配合されていた方が、やはりお肌にはとても良い影響があるのです。肌に近オイル、肌に近い物質は、肌に悪影響を与えてしまう事は少ないです。

 

たとえばオイルの場合なども、あまり珍しすぎる物が配合されていると、後でお肌に合わなくなる事もとても多いのです。ホホバオイルやスクワランは、人間の皮脂との相性がとても良い事もあり、どちらかというとこのオイルを配合されている物を選んでいます。

 

さらには、保湿成分であるセラミドも、合成の物ではなく動物性の物を使われている物が良いのです。セラミドにも種類がありますが、人間の皮膚にあるセラミドに近いのはやはり動物性のセラミドです。

 

ヒアルロン酸などは、そのまま皮膚にある物ですのでそれほど気にする事はありませんが、セラミドの場合は合成の物と動物性の物では、美容効果なども全く違います。ですので、なるべく人間の肌に近い有効成分が含まれている物、さらに、純度がとても高い化粧品を選ぶ事を重要視するのです。